南阿蘇鉄道応援サイト

2016年4月16日未明に起きた地震の影響で、南阿蘇鉄道は甚大な被害を受けました。災害前の全線17.7kmに対し、現在復旧している区間は約7kmです。 あなたの支援で残り10.7kmをつなげてください。 心がつながれば、線路もつながる。

被害状況

被害状況

2016年4月16日未明に起きた熊本地震により災害前の全線17.7kmに対し現在復旧している区間は約7kmです。特に立野〜長陽間は、2つのトンネルで内壁の崩落や亀裂が見つかり、鉄橋の橋桁も損傷、線路は250mにわたって流出している状況です。
被害額はおよそ数十億円、鉄橋の架け替えが必要になるとさらに復旧費用が膨らむとも考えられています。
近くにはスイッチバックで有名なJR立野駅がありますが、運転再開がいつになるか想像もできない状況となっています。

元の姿に

元の姿に

雄大な景色の中、昔ながらの窓のない特殊客車3両を挟む形で、機関車を前後に配置した珍しい列車が走っていました。
渓谷の間にかかった赤い立野橋梁は九州では珍しいトレッスル橋でした。
第一白川橋梁では運転士が乗客に車窓を楽しませるため、乗客サービスの徐行運転をすることもある穏やかな路線でした。

しかし2016年4月16日1時25分に起きた地震の影響で現在立野 - 長陽間のトンネル内壁にひび割れ、橋梁変状が確認されるなどの被害を受け現在は中松 - 高森間で運転再開しています。

以前の様子

・立野橋梁

今の状況

・第一白川橋梁

みんなの「がんばれ」が力になる

みんなの「がんばれ」が力になる

南阿蘇鉄道では皆様の支援をうけ、全線復旧を目指しています。
オリジナルグッズの販売・募金などの応援をもとに現在復旧・復興に向かって進んでおります。
地元の人の生活路線であり、観光の名所に戻るべく、ぜひ皆様の「がんばれ」を届けてください。

復旧状況

復旧状況

復旧区間

熊本地震後、全線で不通になっていた南阿蘇鉄道ですが、7月31日に高森―中松間(7.1キロ)で運転を再開再開しました。再開は108日ぶり。午前9時30分に高森駅から列車が出発し、駅前では町が復活祭を開いて祝いました。

トロッコ列車は土日祝日・春休み、GW、夏休み期間に1日2往復運行しております(冬期運休)。全国から皆さまの温かいご支援と応援により、平成30年3月3日に全線復旧に向けた最初の工事にやっと入る事ができました。

南鉄を応援いただいた皆さまに社員一同心より深く感謝申し上げます。熊本地震から南阿蘇地域の幹線道路は、徐々に整備され観光客を迎え入れる準備も併せて整いつつありまが、やはり震災前の活気はなく、南阿蘇鉄道も現在運行している高森-中松駅間の運行だけでは震災前の2~3割程度しか回復しておりません。
このような中、一日も早い全線復旧を目指し人員の確保・安全運行できる鉄道施設を改修しながら、約5年間の長期にわたって公共交通としての使命を果たしていく所存です。

復旧応援

復旧応援

南阿蘇鉄道は、以前の姿を取り戻すために奮闘中です。
あなたの応援が力になります。

頑張れボタンをクリックして熊本を応援しよう!

現在の頑張れ数

募金して応援

募金して応援

南阿蘇鉄道に全線復旧の支援を。今回の地震の影響で、南阿蘇鉄道は甚大な被害を受けました。崖崩れなどによる線路崩壊、ビューポイントである雄大なアーチ橋「第一白川橋梁」など損傷ははかりしれません。
全線復旧には少なくとも1年以上はかかり、第一白川橋梁を補修した場合数十億円以上の復旧費用がかかるとも言われ、復旧への道のりは大変厳しい状況です。
もう一度、あの車窓からの景色を取り戻したい。地域を支える鉄道にみなさまの支援をお願いします。

被災まくらぎオーナーになって応援

被災まくらぎオーナーになって応援

震災復興の一環として、被災まくらぎオーナーを広く募集しています。まくらぎオーナーとなって是非、全線再開の一旦を担ってみませんか。ご興味のある方はどなたでもオーナーになることができます。

被災まくらぎオーナー募集

南阿蘇鉄道株式会社